• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

レンタルスペースを貸し出そう

資格は必要ありませんが、申請を出して認可されなければいけません。 無許可で、レンタルスペースを経営しないでください。 許可がないと怪しいと思われて、利用する人がいなくなってしまいます。 申請方法は個人事業主と法人で変わるので、間違えないようにしましょう。 続きを読む

許可の申請方法を知ろう

レンタルスペースを経営する際は、特別な資格は必要ありません。
事業を開始する時は、開業届を提出する決まりになっているので忘れないでください。
開業届の申請方法は、個人事業主と法人で変わります。
レンタルスペース経営を始めた事業主は、毎年確定申告をしなければいけません。
初めて確定申告をする人は、その方法も事前に調べておくことをおすすめします。
事前に大体の流れや書き方を把握していれば、戸惑うことはありません。

物件によっては、レンタルスペース経営を始める時に用途変更手続きをしなければいけません。
これは物件が建てられた本来の目的と、異なる用途で物件を使う場合にしなければいけない手続きです。
変更せずに決められた用途以外の方法で物件をレンタルスペースとして貸し出すと、法律を違反したと判断されるので気を付けてください。
そのような決まりを知らなかったと言っても、言い訳にはならないので注意が必要です。

レンタルスペース内の状態に応じて、消防署や保健所に申請を出す決まりになっています。
例えば天井まで届くぐらい高いパーテーションで部屋を区切る場合は、消防法に基づく手続きが必要です。
キッチンの設備が整っているレンタルスペースでは、保健所に申請してください。
さらにレンタルキッチンを経営する際は、食品衛生責任者を最低でも1人は用意しなければいけません。
このようなルールが決まっていることを理解し、法に触れないよう経営を始めましょう。

どんな目的で建設されたのか

最初に、物件は用途を決められて建設されています。 それと異なる方法で物件を使う場合は、用途変更手続きを済ませなければいけません。 物件によってはレンタルスペース経営を始める時に、それも行うと忘れないでください。 法律で決まっていることなので守りましょう。 続きを読む

レンタルスペースの内装

内装次第では、消防署や保健所に許可を申請する必要があります。 それはレンタルスペースを使っている人の安全を守るためなので、怠らないでください。 特にキッチンの設備が整っているレンタルスペースを貸し出す場合は、細かい決まりがあるので目を通しておきましょう。 続きを読む

▲トップへ戻る